FAQ
よくある質問

口腔ケア商品について

Q. 効果的に使用する方法を教えてください。

A. PMTC直後から使用し続ける事で口腔内を清潔に保つことができます。

Q. 歯科医院ではどのように使用すれば良いですか?

A. アルコール、エタノール等刺激性のある成分が配合されていない事やミント、ハッカ等香料も入っていないため水と変わらない漱ぎで口腔内を浄化するため患者さんに負担を与えません。

Q. どのような患者さんにお勧めすれば良いですか?

A. PMTCを受けられたすべての患者様、口腔内浄化、口臭改善の患者様にもお勧めください。

Q. フッ素コートした後にも使用して問題ありあませんか?

A. PMTC直後のフッ素加工の安定のには20分〜30分の時間を要します。その後定期的にご使用頂いて問題ありません。

Q. 希釈の必要はありますか?

A. ありません。原液を別のコップ等に10ml〜15ml移してそのまま1分程漱いでください。

Q. どのような安全性試験のエビデンスがありますか?

A. ①含嗽法安全性試験
②皮膚一次刺激性試験
③眼刺激性試験
④急性経口毒性試験
⑤MTTAssay細胞毒性評価試験等の試験結果において安全性を確認しております。
※ 詳しいエビデンスが必要な方はお申しつけください。

Q. 超音波スケーラーに使用できますか?

A. 様々な試験を行っていますが、現状ではお使い頂けません。

Q. 有効期限はどれくらいですか?

A. 製造後約3年です。開封後はなるべく3か月以内に使い切ってください。

Q. 特別な場所で保管する必要はありますか?

A. 直射日光、及び高温を避け幼児の手の届かない場所に保管してください。

Q. 二酸化塩素の作用を教えてください。

A. 清掃剤、二酸化塩素は悪臭を酸化分解する事で根本的に消臭効果が表れます。有機物と反応しますが、構成元素がCHONPSからなる無機物も分解するので口臭の原因、汚れを落とします。

Q. pHはいくつですか?

A. 7.5±0.5の中性となります。洗口液でpHが5.5以下(酸性)の商品がありますが、酸性の洗口液を使い続けると歯が溶け出し、歯の状態が悪くなる場合があります。

Q. 次亜塩素酸水の特徴は何ですか?

A. 各種病原細菌、ウィルスに強い殺菌活性を示します。弱酸性電解水、微酸性電解水等も同じ機能水になります。血液や有機物がある場合殺菌力が低下する傾向が見られます。

Q. オゾン水の特徴はなんですか?

A. オゾン(O₃)を水に溶け込ませたもので、安全管理基準が規定されています。許容濃度範囲であれば人体にも安全で環境にも優しい特徴があります。
安定性が低く、水溶液化されたオゾンは時間の経過とともに分解され効果が減少します。保存にも注意が必要で冷蔵保存などの条件が必要になります。

Q. クロルヘキシジングルコン酸の特徴はなんですか?

A. 多くの学術的根拠に裏付けされ、特に欧米での使用実績の高い洗口液です。欧米では高い濃度で含有洗口液が主流ですが、日本ではアナフィラキシーショックが発生して以降、低濃度での自主基準が定められ予防と対策が必要な洗口液です。

Q. ポピドンヨードの特徴は何ですか?

A. 殺菌力が高い洗口液です。口腔内の治療で創傷治癒を優先する場合、治癒が遅れる可能性があり、インプラント後の金属変色や腐蝕の危険性があります。

Q. ベンゼトニウム塩化物の特徴は何ですか?

A. 主に膿性歯肉炎や膿傷切開等の外科的処置、またインプラント埋入後の口腔内の消毒を目的に処方される洗口液です。日々使用する洗口液とは異なります。

Q. 口臭に対しての作用を教えてください。

A. におい物質は様々な種類のものがありその消臭メカニズムも異なりますが、口臭は口腔内の菌の繁殖やタバコ、胃の不調などが影響して起こります。
口臭の原因となる物質に対しても作用を示し、結果として口臭予防ができます。

Q. 他の歯磨剤との併用は可能ですか?

A. 可能です。但しマウスウォッシュは洗口液に分類された商品になりますので、歯磨き前後にご使用される事をお勧めします。

Q. 子供にも使用できますか?

A. 本製品はアルコールを使用しておりませんので液剤を飲み込まず吐き出せる小さなお子様であれば使用できます。但し保護者の方による十分な監督を行ってください。